沿革

2010(平成22年)8月 創立10周年記念式典を開催
2009(平成21年)7月 本社を北品川から東五反田へ移転
2007(平成19年)9月 新規にタレットパンチプレスおよびプレスブレーキを導入
2007(平成19年)4月 株式会社エネゲートとの業務提携
2007(平成19年)2月 本社営業部門が環境ISO14001の承認取得
2006(平成18年)7月 本社営業部門が品質ISO9001の承認取得
2005(平成17年)7月 日東工業株式会社との資本提携
2003(平成15年)2月 千葉工場が環境ISO14001の認証取得(品質ISO9001は分社前(平成11年3月)に承認取得済み)
2003(平成15年)1月 カチオン電着&粉体塗装システム完成
2001(平成13年)4月 大崎電気システムズ株式会社と株式会社弘業製作所が合併し、大崎電気システムズ株式会社が存続会社となる
2000(平成12年)8月 大崎電気工業株式会社より配電盤営業部及び千葉工場を営業譲渡され営業開始
2000(平成12年)5月 大崎電気システムズ株式会社設立
1988(昭和63年)10月 千葉県長生郡長柄町に千葉工場(現在の生産本部)を新設、蒲田工場の生産機能を全面的に移転
1963(昭和38年)9月 配電盤類の製造拠点を蒲田工場とする
1941(昭和16年)4月 大崎工業株式会社を吸収合併し、商号を大崎電気工業株式会社と改称
1937(昭和12年)1月 株式会社に組織変更
営業種目 配電盤、分電盤、計器用変成器、自動電圧調整器等の製造販売
1916(大正5年)8月 弘業製作所として五反田に創業