品質・環境方針

品質・環境基本理念

(1)常に最良の技術と全ての従業員の創意工夫により、お客様の要望をみたすとともに、製品に適用される法令や規制を順守し、安定した品質の製品とサービスを提供して、社会に貢献することを目指します。

(2)持続的発展が可能な社会の構築のために、環境保全の重要性を認識し、製品・サービスの活動分野で環境負荷の低減に努め環境保全活動を推進します。

基本方針

(1)お客様の期待・要望に耳を傾け、全ての従業員の創意工夫でその要求を満たす製品をサービスを提供するとともに、魅力的品質の創出に努力します。

(2)製品及びサービスを提供する全てのプロセスにおいて継続的改善活動を行い、お客様の立場にたった品質の確保を行います。

(3)品質目標・環境目標を設定し、全ての従業員が協働して環境パフォーマンス向上を含む目標達成を目指します。

(4)統合マネジメントシステムを適切に運用し、その有効性を継続的に評価し、また、関係者の声を積極的に取り入れ、改善します。

(5)関連する法令・規制要求事項を順守し、会社が同意した事項を含め、必要に応じて自主基準を設け、これを順守し、汚染の予防に努めるとともに、安全・安心な製品及びサービスを提供します。

(6)環境負荷を低減するために、地球温暖化防止、廃棄物削減、有害物質削減、省資源等の観点から 以下の活動に取り組むとともに、環境汚染の予防に取り組みます。

①再生可能エネルギー関連製品の販売を推進し、お客様の生活・事業活動における温室効果ガスの削減と環境負荷低減をサポートします。
②製造設備の省エネルギーを図るとともに、節電運動を展開します。
③一般廃棄物、産業廃棄物んぼ排出抑制に努めます。
④製造工程における化学物質の排出量削減や環境負荷の小さい化学物質への代替化に努めます。
⑤低消費電力など、環境負荷低減に配慮した製品の提供に努めます。
⑥製品含有化学物質の管理を行い、製品への有害物質の不使用及び削減を推進します。
⑦業務の改善を通じて、環境に有益な活動を拡大します。
⑧ライフサイクルを考慮した地球にやさしい新製品・技術開発及び環境に配慮したものづくりを推進します。

(7)全ての従業員に教育を行い、品質及び環境意識の向上を図るとともに、事業のパートナーにも環境保護活動への理解と協力を要請します。

(8)この方針は、社内に提示し、全ての従業員への周知徹底を図るとともに、インターネットのホームページを通じ社外に公表します。

accredited company

2017年6月28日
大崎電気システムズ株式会社
代表取締役社長 山口 裕幸